中古車は信頼できるお店で購入しましょう

2月 25th, 2014 6:52 pm

中古車のイメージはどんな風でしょうか?マイナスなイメージですか?中古車を購入しようとする場合、不安になる事も多いのは事実ですね。
では、失敗しない中古車選びをするには、どうしたらいいでしょうか。
中古車のメリットですが、第一に安いにつきます。

新車と同じ値段を出すと、もう一段上の車を買うことが出来たりするのは魅力ですよね。
その他にも、旧車や絶版車など、もう新車で買えない車が欲しい方にも中古車は嬉しい存在です。
中古車選びは、詳しい人とやるのが一番早いです。

ただ自分で選ぶ場合は、見るべき所をちゃんと見る事が重要になってきます。
最近ではインターネットで、旧車でもスペックが調べられるようになっていますので、しっかりと確認するようにしましょう。
お店選びも重要な要素です。

オークションなどで購入するよりも、友人や周りの方の口コミなどしっかり情報収集するようにしましょう。
また、お店自体に整備工場があると、専門的に中古車を管理できるだけの知識があるお店と言えます。
あとは個人で売買する方法もあります。
こちらのサイトに詳しく書いていますね。
中古車の個人売買の方法

展示されている車の手入れ状況なども、お店を選ぶポイントになります。

走行距離や修復歴など確認したり、定期点検記録簿なども見せてもらうようにしましょう。

買い替えるならプリウスに乗りたい

私が買い換えたいなと思っている車は、トヨタのプリウスです。
友達に一度プリウスに乗せてもらったことがあるんですが、とても走りごこちや乗り心地がよくて、音もとても静かで憧れます。
プリウスの走る音って、かなり近寄らないと分からないくらい静かなので、いつも感心します。

私は帰宅が深夜になることも多いので、音が静かな車は本当に魅力的に感じるのです。
プリウスの車は、ドライブをしていると見かけない日はないと言っても良いくらい見かけることが多いと思います。
デザインもかっこよいと思いますし、環境に優しそうでエコなのが本当に良いなと思います。

プリウスには5人乗りと7人乗りがありますが、私が欲しいのは5人乗りです。
家族が四人なので、あまり大きい車はもったいないですし、私は運転があまり上手では無いので大きな車を買うと危ないと思うからです。
私は車を運転するとき、いつも安全にはかなり気を付けるようにしています。

怖くてあまりアクセルを踏み抜けないので、後ろから車が近づいてくると申し訳なく思ってしまいます。
そんな私ですが、ドライブは大好きです。
車があれば山や海など自然が綺麗な場所も、行きやすくて行動の幅が広がります。

結婚によるクルマの氏名変更手続き方法

4月 8th, 2014 6:07 pm

結婚によって苗字が変わった場合には、車の氏名変更の手続きを行う必要が出てきます。
では、氏名変更の手続きはどのように行えばよいのでしょうか。

ここでは自分で氏名変更の手続きを行うケースで紹介してみたいと思います。
まず必要書類としては発行日から3ヶ月以内の戸籍謄本・車検証・手数料納付書・自動車税と自動車取得税申告書・申請書になります。

もし、所有者と使用車が異なる名義になっている場合で、使用車の氏名を変更する場合には、使用車の住民票と所有者の委任状(認印が押印してあるもの)が必要になります。
車検証の住所の変更などを同時に行う場合には、車庫証明書や住民票なども必要になってきますが、今回は氏名変更手続きのみの場合で紹介します。

費用は変更登録手数料350円と申請書の用紙代として100円程度が必要になります。
書類などをすべてそろえて管轄する陸運支局で手続きを行うことになります。

なお、手数料納付書と自動車税・自動車取得税申告書、さらに申請書は陸運支局で入手し作成することになります。
手数料は陸運支局場内にある印紙販売所で購入します。

陸運支局の窓口に種類を揃えて提出し不備がなければすぐに新車検証が交付されますので、記載ミスがないかを確認します。
交付された車検証と自動車税・自動車取得税申告書を陸運支局場内にある自動車税事務所などで申告をして氏名変更は終了です。

救急車の有料化は必要?

3月 13th, 2014 6:06 pm

救急車の有料化は必要なのでしょうか。
現在の日本では救急車は無償で利用することができます。

しかし海外では救急車が有料であるケースも少なくないのです。
有料化は現実的な話ではあるのです。

では救急車が無料で利用できることの問題点を探ってみましょう。
一番大きいと言えるのは、現在問題になっているちょっとしたことで救急車を呼んでしまうパターンです。

無料で来てくれるということでタクシー感覚で利用してしまう人も実際にいるというから驚きですね。
救急車で搬送されれば診察を待たずに受けられるという考えでいる人もいるらしいです。

こういった人たちが救急車を無駄に使ってしまうために、本当に救急車が必要な人の要請に応えられないという信じられない事態が実際に起きているのです。
では要請を受けた時点で相応しくないと判断したら断ればいいのではという人もいるでしょう。

しかし救急隊はそうした要請を基本的に拒否できないことになっているのです。
大したことがないように見えて実は重大な病気が隠れているということもありえます。

安易な救急車の利用を防ぐために有料化は最適だと言えるでしょう。
あまりに高額でなければ国民の理解も得られるはずです。

危険なカーアクセサリー

2月 16th, 2014 6:06 pm

車中で快適に過ごしたい、自分らしい車内に装飾をしたいということでさまざまなカーアクセサリーを装着している車があると思います。
しかし、そのカーアクセサリーの中にはとても危険だと言われているものもあります。

その代表的なものがウィンドウに取り付ける吸盤です。
実はこの吸盤、日差しの強い夏場などにはこの吸盤が発火の原因になってしまうことがあるそうです。

吸盤の中でこの発火の原因になるのは透明なものになります。
子どものころなどに虫眼鏡を使って黒い色紙を焦がすような実験をしたことがある人も多いと思います。

これは虫眼鏡に太陽光を一点に集めることで紙を焦がしたり場合によっては発火させることができるというもので、収れん作用といいます。
実はこの収れん作用が透明な吸盤でも発生することがあるそうです。

稀な事故ではありますが、太陽の位置や気象条件や可燃物がある位置などの様々な条件が合致してしまうと発生する事故になっています。
さらに、ダッシュボード上においた水の入ったペットボトルなどでも発生する事故ですので、気を付けるようにしましょう。

ドライブとは

1月 15th, 2014 2:28 am

どうしてもドライブに行きたくなる時があるんです。
でも、自分で運転するのは怖いから、誰かに運転してもらうのですが、すごく上手な人がいるんです。
乗ってる車は自家用貨物車みたいなのですが、これがすごく上手で、山道のでこぼこした道も体に衝撃がないようにうまくスピードを調節して運転するんですよね。
どうして同じように免許を取ったのにこうも違うんだと・・・悲しくなってくるのですが、車の乗り心地は車だけでなく、運転手にもあると思いました。
きっと私が運転する車は乗りにくいのだろうけれど、あんなぼろい車でも(失礼)、また乗せてほしいといいたいくらいの乗り心地の良さだったら車なんて古くてもいい!と思ったのですが・・・これは運転がうまい人でないとカバーできないかな、と。
雰囲気もあるのでね。オープンカーで来られたときはどうしようかと思ったときもありましたが、普通車が一番いいような気がします。
実際にオープンカーは、見た目はものすごくカッコいいです。私もオープンカーの見た目と内装は好きなのですが、乗り心地はどうでしょう。悪いと思ったことはないのですが、なんだか運転する人によっては、事故を起こさないでくださいと言いたくなるようなときもあったので、普通車でのんびりとドライブが一番好きです。