ビジネスで活用できるSNSというツール

インスタグラムやTwitter、FacebookのようなSNSを有効活用することでビジネスを効率化できます
これまで企業が自社のブランドや商品、サービスをアピールするにはテレビやラジオでコマーシャルを流したり新聞の折込チラシを利用する方法が主流でした。
しかし2000年代を通して世界中にインターネットが普及し、現在では多くの人々がインターネットから情報を得るようになっています。
2010年代に入ってからは日本でもインターネットが各家庭に普及しました。

インターネットユーザーの多くはパソコンだけでなくスマートフォンを利用しています。
特に若い世代ではスマートフォンからインターネットを閲覧する人の割合が多くなります。
SNSの利用も一般化しており、各SNSは多くのユーザー数を抱えています。
インスタグラムやTwitter、FacebookのようなSNSを利用すれば、電話やメールを使用しなくてもコミュニケーションを取ることができます。
企業がビジネスを効率化する上でSNSにおけるユーザー同士のコミュニティが非常に重要となっています。

インスタグラムやTwitter、FacebookのようなSNSはユーザー同士の双方向性が大きな特徴です。
またそれぞれに異なる特徴があります。

TwitterというSNS

例えばTwitterは拡散性の優れたサービスです。
情報をより多くの人に届けたい場合には優れた拡散性を持つTwitterを選択します。
ユーザー同士が密接なコミュニティを形成するならばFacebookが最適です。
企業のブランドや商品、サービスを支持するファンが自発的にコミュニティを形成し情報発信を行なうようになれば、大きな宣伝効果を期待できます。

インスタグラムというSNS

写真や動画を利用して視覚的に情報をアピールしたい場合にはインスタグラムが最適です。
TwitterやFacebookは文字情報がコンテンツの基本なので、ユーザーが情報を受け取るには文章を読む必要があります。
しかしインスタグラムのコンテンツは主に写真と動画です。
文字を読む必要がなく、視覚的に強い印象を与えることができます。
企業はインスタグラムを利用することで自社のブランドや商品、サービスを強烈にアピールすることが可能となります。

インターネットは非常に便利なツールです。
ユーザーはインターネットを通してあらゆる情報を受け取ることができます。
テレビなどのコマーシャルや新聞の折込チラシも有効な宣伝方法ですが、インターネットによる口コミ情報にも大きな宣伝効果があります。
企業がSNSを有効に活用すれば、集客や売上を伸ばすことができます。

SNSを生かしている企業例

インスタグラムやTwitter、FacebookのようなSNSにはそれぞれ異なる特徴があります。
企業がSNSを活用して集客や売上を伸ばすためには、SNSごとの特徴を把握することが重要です。
全てのSNSには双方向性がありますが、SNSごとの特徴を上手に活用してユーザーとのコミュニケーションを取る必要があります。
SNSの中でも最も拡散性が優れているのはTwitterです。
有意義な情報は、ユーザーが自発的に拡散してくれます。

企業がTwitterを使う例

企業がTwitterを利用する場合にはアカウントをボット化し、定期的にブランドや商品、サービスに関する情報を提供する方法が考えられます。
アカウントをボット化すると、予め設定した情報を一定の間隔で投稿できます。
多くの企業がアカウントをボット化してブランドや商品、サービスに関する情報を提供しています。
イベント情報の告知などに利用するのも有効な方法です。
価値のあるコンテンツならば、ユーザー同士が自発的に広めてくれます

企業がインスタグラムを使う例

インスタグラムは写真や動画を使用し、視覚的に強くアピールできるSNSです。
自社のブランドや商品、サービスに関する写真や動画を投稿してアピールするというのが一般的な使用方法とされます。
さらに自社のブランドなどに関する写真や動画を、ユーザーに投稿してもらうというイベントも行われています。
投稿されたコンテンツを自社のアカウントで紹介したり、優秀な投稿者には景品が贈られるというような事例が存在します。

企業がSNSを使う利点まとめ

Twitterにはダイレクトメール機能があるので、特定のユーザーとタイムライン外で交渉できます。
さらにインスタグラムのダイレクトメール機能は複数のユーザー間で交渉することが可能です。
特にインスタグラムでは、ダイレクトメール機能を利用してクーポン券を配布するなどの使用事例が見られます。
SNSを有効に活用することで、様々なイベントを企画することができます
ユーザーを巻き込む形でイベントを展開することが重要です。

SNSはユーザー数が増えるほど自社のブランドや商品、サービスをアピールしやすくなります。
ユーザー数を増やすためには良質なコンテンツを適切な頻度で投稿することが必要です。
大量に雑多な情報を投稿するとユーザーに不快感を与えることになるので、テーマを統一して質の高い情報を適切な頻度で投稿します。
有効に活用すれば、SNSは集客や売上を伸ばすための便利なツールになります。