中古車は信頼できるお店で購入しましょう

2月 25th, 2014 6:52 pm

中古車のイメージはどんな風でしょうか?マイナスなイメージですか?中古車を購入しようとする場合、不安になる事も多いのは事実ですね。
では、失敗しない中古車選びをするには、どうしたらいいでしょうか。
中古車のメリットですが、第一に安いにつきます。

新車と同じ値段を出すと、もう一段上の車を買うことが出来たりするのは魅力ですよね。
その他にも、旧車や絶版車など、もう新車で買えない車が欲しい方にも中古車は嬉しい存在です。
中古車選びは、詳しい人とやるのが一番早いです。

ただ自分で選ぶ場合は、見るべき所をちゃんと見る事が重要になってきます。
最近ではインターネットで、旧車でもスペックが調べられるようになっていますので、しっかりと確認するようにしましょう。
お店選びも重要な要素です。

オークションなどで購入するよりも、友人や周りの方の口コミなどしっかり情報収集するようにしましょう。
また、お店自体に整備工場があると、専門的に中古車を管理できるだけの知識があるお店と言えます。
あとは個人で売買する方法もあります。
こちらのサイトに詳しく書いていますね。
中古車の個人売買の方法

展示されている車の手入れ状況なども、お店を選ぶポイントになります。

走行距離や修復歴など確認したり、定期点検記録簿なども見せてもらうようにしましょう。

買い替えるならプリウスに乗りたい

私が買い換えたいなと思っている車は、トヨタのプリウスです。
友達に一度プリウスに乗せてもらったことがあるんですが、とても走りごこちや乗り心地がよくて、音もとても静かで憧れます。
プリウスの走る音って、かなり近寄らないと分からないくらい静かなので、いつも感心します。

私は帰宅が深夜になることも多いので、音が静かな車は本当に魅力的に感じるのです。
プリウスの車は、ドライブをしていると見かけない日はないと言っても良いくらい見かけることが多いと思います。
デザインもかっこよいと思いますし、環境に優しそうでエコなのが本当に良いなと思います。

プリウスには5人乗りと7人乗りがありますが、私が欲しいのは5人乗りです。
家族が四人なので、あまり大きい車はもったいないですし、私は運転があまり上手では無いので大きな車を買うと危ないと思うからです。
私は車を運転するとき、いつも安全にはかなり気を付けるようにしています。

怖くてあまりアクセルを踏み抜けないので、後ろから車が近づいてくると申し訳なく思ってしまいます。
そんな私ですが、ドライブは大好きです。
車があれば山や海など自然が綺麗な場所も、行きやすくて行動の幅が広がります。

ドライブに良く行きます

7月 8th, 2014 11:33 pm

私はドライブが好きで、お出かけといえば車で出かけることが多かったです。
運転の技術はあまり上手ではないのですが、運転することが好きです。

車があれば百人力のような心強い存在だと思っています。
雨の日でも、風の日でも、急な雷雨でも、車の中にいれば問題ありません。

今わたしには小さな子どもがいますが、公共交通機関と違って、急に泣かれても周囲に気を使う必要はありませんし、自分で好きなときに休憩がとれるのもいいです。
車内でオムツ換えができて、授乳もできてしまうのです。

こんな便利な乗り物は他に無いと思います。
また、自然を見ることが趣味なので、移動手段は必然的に車になってしまいます。

穴場的な場所に行くことは楽しいですし、途中にある道の駅へ立ち寄って、ご当地グルメを堪能するのも楽しいです。
会社で働いていたころは、週末になるのが待ち遠しかったのを覚えています。

日頃疲れた心身を癒してもらうために、好きな車に乗って、自由気ままに好きな場所へいけるのです。
今は家族を持ち、ますます車の存在が大きくなっています。

これからも私にとって、車は無くてはならない存在だと思います。
原油高や消費増税などで、車を維持していくのが今後ますます厳しくなっていく昨今ですが、私は車に乗り続けると思います。

ドライブで横浜までひとりで

6月 9th, 2014 11:33 pm

免許取りたてのころ、休みの日に車でぶらっと出かけました。
当時は一人でドライブするのが好きで、よく出かけていました。

それでちょっと遠出するつもりですらっと高速道路に入り、行けるところまで行ってみようと思いました。
地図は車の中にあったので、横浜まで行ってみることにしました。

ベイブリッジを渡り、横浜の港の見える公園まで行きました。
しかし駐車場とかよくわからないし、ひとりでぶらつくのもなんとなく抵抗があったので、帰ることにしました。

今考えるとせっかく行ったのに勿体無い気がしますが、当時はドライブが目的だったんです。
それに帰り道は違う道で帰ろうと思っていたので、時間がかかると困るから早めに行くことにしました。

帰り道は第三京浜を通って行きました。
しかし都内に出てしまい、普通の道はまったくわからないので迷いまくりました。

どうしようととても焦りましたね。
トイレにも行きたくなってしまって、コンビニを見つけてやっと休憩できました。

そこで地図を見直して、なんとか首都高に乗れました。
湾岸道路のBのマークを頼りに千葉県に入った時はほっとしました。

当時は初心者マークのくせに怖いもの知らずなところがありました。
ああいうドライブは今ではする気になれないですね。

クルマの便利さと必要性

5月 14th, 2014 11:33 pm

現代の日本での生活のなかでクルマは無くてはならない存在になっていますが、普段何気なく当たり前のように乗っているクルマの必要性について考えてみました。
クルマがあるのとないのでは生活自体が大きく変わってきます。

仕事の通勤時にクルマを使わない人でもプライベートではクルマを活用する機会がたくさんあると思いますが、どこかに出かける時にクルマがあれば気軽に遠くへ行くことができるようになります。
歩いて行くことが難しい距離の外出時には、クルマがないと不便な思いをすることも多くなります。

それでも電車やバスなどが通っている場所なら問題ありませんが、郊外の方に行く時には苦労します。
クルマでの移動という選択肢が増えるというだけで、外出時の便利さが大きく変わってくると思います。

クルマは有るに越したことはないと思いますが、所有するためには維持費もかかりますので、状況によってはどちらが良いとも言えない部分もあります。
世の中には経済的に苦労されている人も多いので、お金のことを考えてクルマの所有を諦めている人もいらっしゃいます。

クルマは贅沢品だという考えも頷けるところがあります。
田舎の方だとクルマが必需品になることもありますが、都会の暮らしの場合はクルマは必要ないと考えている人が多いので、人それぞれ生活環境によって必要性は変わってくると思います。

結婚によるクルマの氏名変更手続き方法

4月 8th, 2014 6:07 pm

結婚によって苗字が変わった場合には、車の氏名変更の手続きを行う必要が出てきます。
では、氏名変更の手続きはどのように行えばよいのでしょうか。

ここでは自分で氏名変更の手続きを行うケースで紹介してみたいと思います。
まず必要書類としては発行日から3ヶ月以内の戸籍謄本・車検証・手数料納付書・自動車税と自動車取得税申告書・申請書になります。

もし、所有者と使用車が異なる名義になっている場合で、使用車の氏名を変更する場合には、使用車の住民票と所有者の委任状(認印が押印してあるもの)が必要になります。
車検証の住所の変更などを同時に行う場合には、車庫証明書や住民票なども必要になってきますが、今回は氏名変更手続きのみの場合で紹介します。

費用は変更登録手数料350円と申請書の用紙代として100円程度が必要になります。
書類などをすべてそろえて管轄する陸運支局で手続きを行うことになります。

なお、手数料納付書と自動車税・自動車取得税申告書、さらに申請書は陸運支局で入手し作成することになります。
手数料は陸運支局場内にある印紙販売所で購入します。

陸運支局の窓口に種類を揃えて提出し不備がなければすぐに新車検証が交付されますので、記載ミスがないかを確認します。
交付された車検証と自動車税・自動車取得税申告書を陸運支局場内にある自動車税事務所などで申告をして氏名変更は終了です。

救急車の有料化は必要?

3月 13th, 2014 6:06 pm

救急車の有料化は必要なのでしょうか。
現在の日本では救急車は無償で利用することができます。

しかし海外では救急車が有料であるケースも少なくないのです。
有料化は現実的な話ではあるのです。

では救急車が無料で利用できることの問題点を探ってみましょう。
一番大きいと言えるのは、現在問題になっているちょっとしたことで救急車を呼んでしまうパターンです。

無料で来てくれるということでタクシー感覚で利用してしまう人も実際にいるというから驚きですね。
救急車で搬送されれば診察を待たずに受けられるという考えでいる人もいるらしいです。

こういった人たちが救急車を無駄に使ってしまうために、本当に救急車が必要な人の要請に応えられないという信じられない事態が実際に起きているのです。
では要請を受けた時点で相応しくないと判断したら断ればいいのではという人もいるでしょう。

しかし救急隊はそうした要請を基本的に拒否できないことになっているのです。
大したことがないように見えて実は重大な病気が隠れているということもありえます。

安易な救急車の利用を防ぐために有料化は最適だと言えるでしょう。
あまりに高額でなければ国民の理解も得られるはずです。