ビジネスで活用できるSNSというツール

今後も注目を浴びそうな、インスタグラム

2017年の流行語にもなったインスタグラムを使っているのは、若い世代や女性たちだけではありません。
シニア世代が使っていることもあり、さまざまな年代が楽しんでいるSNSと言えます。
簡単な登録でアカウントを作成したら、さっそく写真や動画を投稿できます。

芸能人でインスタグラムをしている人も多く、プライベートが垣間見えることも。
意外な一面が見られて、ますます好きになったというファンもいるのではないでしょうか。
遠い存在だった憧れの芸能人に親近感を持つことができるかもしれません。
活躍している俳優さんや女優さん、モデルさんからのファンサービスと考えることもできます。
好きな芸能人のインスタグラムを見てみるのは、友達の投稿を見るのとは違った楽しさがあるでしょう。

企業もPR活動や集客のため、インスタグラムを使うことがあります。
プロフィールに企業や店舗の紹介を書いて、一般のユーザーが興味を持ちそうな写真を投稿。
ホームページのURLも掲載しておけば、興味を持った人が詳細を見に来てくれることがあるかもしれません。
SNSは個人が楽しむものではなく、使い方次第では集客ツールにもなります。

写真を加工するアプリの種類も増えているので、色鮮やかな写真やユニークな写真を投稿することもできるようになりました。
流行語の「インスタ映え」に関連して、お店がインスタ映えするように商品を展示してくれることも。
以前は美味しいお店や珍しいお店がテレビや雑誌で紹介されていましたが、最近はインスタグラムで知る人もいるのではないでしょうか。
ボリュームのある食べ物やカラフルなスイーツなど、インスタ映えする商品を提供しているお店にはたくさんの人が来店しているようです。

こうした企業や店舗の協力は、今後もインスタグラムが注目を浴びる理由のひとつになるでしょう。
イベント会場などでは、インスタグラムの投稿写真に似たフレームが用意され記念撮影に使うことができます。
投稿する写真や動画は、珍しいものとは限りません。
日常生活の中で、ガーデニングやお弁当の写真を投稿している人も。
きれいな絵が見られたり、アプリの中には素晴らしい世界が広がっているようです。

インスタグラムに興味があるけれど、何を撮れば良いのか分からないという人もアカウントを作成してみませんか。
撮った写真に「いいね」がたくさん付くと、シリーズ化して何かを投稿したくなるかもしれません。
何が撮りたいのか、気が付くことがあるかもしれません。
毎日投稿する必要はないので、素敵な景色が見られたときだけでも大丈夫。
ユーザーの生活の一部になりつつあるインスタグラムは、きっとこれからも注目されることでしょう。